JUAVAC ドローンエキスパートアカデミー兵庫校

ドローンを活用した社会インフラ維持・管理事業を支援する社団法人・JUAVACから認定を受けたドローンスクール、JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校を運営しております。

特徴1

フライト・空撮技術のカリキュラムのみではなく、更に、測量技術、非破壊検査技術を習得できるカリキュラムが設定されています。
卒業生には、JUAVACドローン操縦士・ドローン非破壊操縦士・ドローン測量操縦士のそれぞれに技能資格証明書を発行します。

開講コース一覧
  • フライト基本技術コース
  • 測量基本技術コース
  • 非破壊検査(橋梁編)基本技術コース

フライト基本技術コース

座学と実技を通じ、国土交適省への飛行許可

1日目 2日目 3日目 4日目
座学 座学
注意・安全・ドローンについて、申請など
シミュレーション
座学
気象・電波
座学
その他
試験シミュレーション
練習
実技 実技
基礎
実技
8の字等
実技
空撮・ATTI等
試験
座学・実技

申請が可能となる10時間フライトを達成する基本コース

対象者全員

  • 安全な運行を重視した講義内容です。
  • 操縦に必要な法律、気象、機体構造、安全対策等について学びます。
  • GPSモードだけではなく、ATTI(GPSが切れている) モードでドローンの操縦ができるよう実技を行います。
  • 飛行許可申請の基準を満たしているので、卒業後は国土交通省へ飛行許可申請を行うことができるようになります。

測量基本技術コース

初級測量の基礎知識とドローンによる空中写真測量の方法を習得し、自動航行による空撮と解析方法の基礎を学ぶコース

※受講日数、延べ5日間のコースとなります。
対象者全員

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目(初級)
座学 座学
注意・安全・ドローンについて、申請など
シミュレーション
座学
気象・電波
座学
その他
試験シミュレーション
練習
座学
測量の基礎知識
空中写真測量の基礎知識
フライトプラン等
実技 実技
基礎
実技
8の字等
実技
空撮・ATTI等
試験
座学・実技
実技
自動航行撮影
三次元解析
試験
  • 測量士による写真測量の補助ができることを目指します。
  • 自動航行による空中写真測量において必要な素材を収集し、簡易な解析結果を得られるまでの技術を習得することができます。
  • 空中写真測量の要点と解析方法を理解することで、成果物の精度向上の基礎を学びます。
  • その他、空中写真測量を行う際の安全管理など、実戦で役立つ知識を得ることができます。
  • フライト基本技術コースの内容を含み飛行許可申請の基準を満たしているので、卒業後は国土交通省へ飛行許可申請を行うことができるようになります。

初級様々な環境での実技と解析を通じて、卒業後すぐにドローンでの空中測量が行える技術の習得を目指す中級コース

対象者測量基本技術コース〈初級コース〉を卒業している方、または同等の知識と技術を有する方、測量の知識がある、または測応やICT土工に関連する企業に勤めている方(飛行時間10h以上)

  • 現場でのリスク管理を習得することで、安全な空中測量ができることを目指します。
  • 自動航行により空中写真測量に必要な素材を収集し、i-Construction準拠の解析結果を得られるまでの技術習得を行います。
  • 対空標識の導入など成果物の精度を向上させる為の知識を学び、現場と解析双方で精密な結果を得られるようになります。
  • 現場で一人立ちできる技術を習得できるように丁寧な指報を行います。

非破壊検査(橋梁編)基本技術コース

初級構造物点検の基礎知識を学び、卒業後は点検員指示のもと、ドローンでの点検を行うための専門知識の基礎を学ぶコース

※受講日数、延べ5日間のコースとなります
対象者全員※5日目(初級)のみを受講の場合はフライト基本技術コースを卒業された方、又は10時間以上のフライト経験をお持ちの方。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目(初級)
座学 座学
注意・安全・ドローンについて、申請など
シミュレーション
座学
気象・電波
座学
その他
試験シミュレーション
練習
実技
点検に必要な初歩の技術
技術向上するための練習
実技 実技
基礎
実技
8の字等
実技
空撮・ATTI等
試験
座学・実技
  • 橘梁点検に必要な橋梁の基礎知識をはじめ、点検の注意点や着目点等を学びます。
  • 点検員の指示のもと橋梁点検を行える技術と知識の習得を目指します。
  • 橋梁点検ではGPSが切れ、不安定になることを想定しATTIモードおよび産業用の中型機体に似れ、どんな状況でも落ち着いて操縦できる技術習得を目指します。
  • フライト基本技術コースの内容を含み飛行許可申請の基準を満たしているので、卒業後は国土交通省へ飛行許可申請を行うことができるようになります。

中級コンクリート橋や鋼橋を使った実践的な実地を通して、卒業後すぐにドローンでの橋梁点検が行える技術の習得を目指す中級コース

対象者非破壊検査(橋梁編)基本技術コース〈初級コース〉を卒業している方、橋梁や構造物の知識がある、または橋梁や構造物に関連する企業に勤めている方(飛行時間10h以上)

  • 現場でのリスク管理を習得することで、安全な点検ができることを目指します。
  • 実際の橋梁を点検することで、卒業後すぐにドローンでの点検が行える技術の習得を目指します。
  • 1人で橋に接近する練習に加え、2人1組になり操縦者と撮影・指示を行うものに分かれた練習など、実践形式での練習を行います。

特徴2

運営施設として「廃校となった小中高の校舎」を活用し、地域との連帯強化を計り、地域社会に対する社会貢献の一翼を担います。

特徴3

国内最高レベルのIoTプラットフォームを持つAIを導入した国内最高レベルの画像認識プラットフォームを活用できます。
当校の卒業生が依頼したデータ処理・データ加工・データ保管をワンストップサービスで行なうことができます。
卒業生はこのビッグデータを活用することにより、自分の未来を切り拓いていくことが出来ます。

PAGE TOP